「悲劇のヒロイン」してませんか?

先日、ある方からメールをもらいました。

彼女とは、去年だったか、日本からの旅行中に

うちのアートギャラリーに
ふらっと来られたのが最初の出会いでした。

 

IMG_2180-1

 

そのとき世間話の延長で
私がハワイ島に住むようになった経緯や
夫デイヴィッドを引き寄せたエピソードなど
少しお話ししました。

 

それが彼女の心に何かしら響いたようで
数ヶ月前には、
今度は新婚のご主人と一緒に
わざわざ訪ねていらっしゃいました。

 

そんな彼女からのメールには
様々な価値観の違いから
その旦那さんと別れることにした、
と書かれていました。

 

びっっっくりしました。

が、その背景にはこんなことがあったようです。

 

==============

今まで他人や親の目線でしか
生きてこられなかったので、
自分の思いをあまり意識したことが
なかったんです。

ただ、だんだん私の生き方と
本当の自分とのずれが生じて来て
苦しくなっていたんです。

そこから外れるのもすごく勇気がいりますが、
自分でこれでいいんだっていう道に
少しずつ進めている気がします。

ゆりこさんを見て、女の私から見ても魅力的で、
私もいつか夢が叶えられたらなって思います。

==============

 

しかし、ほどなくして彼女から
こんな迷いのメールが。

 

==============

いま荷物の整理をしようと思って
旦那の家に行ったら、
なんともまた動くのが怖くなってしまい、

このまま私が我慢して
東京で生活していればいいんではないか
と思ったら、
頭がぐるぐる混乱してしまって、

私は一人になって一体何がしたいんだ、と
自分のことすらわからなくなってしまいました。

<中略>

親の言う通りに、
望むように生きて今まできました。

けど、ハワイ島への滞在が
自分自身と向き合うことにつながったんです。
なので余計に悩んでしまって。

==============

 

一旦決めたからといって
口で言うほど簡単なことではないと思います。

 

当人にしかわからない心境もあるでしょう。

 

絶対的に正しいことなんて
この世に存在しないから
彼女が思い直すのも、アリです。

 

むしろ離婚せずに済むなら
それに越したことはないかもしれません。

 

ただね、ひとつ気になるのが
「このまま私が我慢して」という一節。

 

<私さえ我慢すれば(すべて丸く収まる)>
って、誰でも一度は
言ったことがあのではないでしょうか。

かくいう私も…。

 

それは、どんな場面でしたか…?

 

DSC_0921-1

 

このフレーズを言うとき、
<嫌々~させられている>
という気持ちを乗せていますよね。

 

つまり<うらみ節>ですね。

 

それが当然と思っているなら
「我慢」て言葉は出てきません。

 

心の中の、本当は納得してない部分を
「かわいそうな私」=「悲劇のヒロイン」
となることで埋め合わせているのです。

 

なぜなら、悲劇のヒロインには
同情やら「偉いわね」という
褒め言葉が集まり、

「私」をそんな目に合わす相手=悪者
という構図を作れるわけです。

 

それはそれで、「私」にとって好ましい状態。

 

「私」が我慢をやめれば
このバランスは崩れてしまうので、
ネガティブな感情を燃やしながら
いつまでも「我慢する私」を
続けなきゃいけなくなるんです。

 

これね、実にキツイんですよ。

 

悲劇のヒロインやってる限り
幸せになっちゃいけないのですから。

 

自己実現なんて、もってのほか。
だからチャレンジもできません。

 

天の川とパームツリー

 

裏を返せば、
「私さえ我慢すれば」は
幸せにならないための、
自己実現しないための、
チャレンジしないための
格好の<言い訳>になりえるんです!!!

 

先ほどの女性のケースでは、
「ものすごく勇気のいる」
「自分でこれでいいんだ、ていう道」を
行かない大義名分となり、
夢を叶えられない言い訳にできるのです。

 

残念ながら、私たちは
望むもの<だけ>を手に入れることは
できません。

 

コインの表をとるなら、
裏も必ず裏もついてきます。

 

求める何かを達成するとき
必ず痛みは伴います。

DSC_0148-1

 

それでも「やる」と決めた人だけが
叶えることができて
他の人が味わえない喜びに満たされるのです。

 

リオ五輪のメダリストの
「4年間、すべてを犠牲にして
打ち込んできて本当によかった」
という言葉が、とても印象的でした。

 

生身の人間だから
いろんな感情で混乱することもあります。

 

それでも、安易な「私さえ我慢すれば」
は要注意。

 

それをしたところで誰も幸せになりません。

 

大切なのは、言い訳することなく
《ほんとうはどんな生き方がしたいのか》
にたち戻って、
そこから一つ一つ選択を重ねていくこと。

DSC_0029-1

 

ただね、日常のなかにいると、
いつもの思考回路から
なかなか抜け出せません。

 

「悲劇のヒロイン」やってることに
うすうす気づいていても
素直にそうだと認められなかったり…ね。

 

そんなとき、私は
ハワイ島の大自然にとても助けられています。

雄大でね。
優しく、ときに厳しくもあるけれど
なぜか素直になれる。

 

素直になると<受け取れる>のです。

 

気づきも学びも、すーっと入ってくるし、
これからのビジョンも、
すとんとクリアになるんですよね。

 

最初のメッセージをくれた女性もそうでしたが、
<ハワイ島はいるだけで自分と向き合える>
土地なのです。

 

「私さえ我慢すれば」と言いたくなったとき、
そんな自分から何年も何年も抜け出せないとき、
空をぴゅんと8時間ほど飛んで
ハワイ島に来てください。

 

ヨガマスターのデイヴィッドと
ライフコーチの私がお届けするリトリートは、
ハワイ島の恩恵をめいっぱい取り入れて
<より受け取れる>ボディとマインドを
作るプログラムにしています。

 

IMG_5726-1
キラウェアから上がる煙をバックに

 

ハワイ島で素直に自分と向き合い、
しっかり受け取って
悲劇のヒロイン、すんなり卒業しましょ♪

 

===============

次回のリトリートは、

2017年1月下旬から2月末ごろの間
で日程を設定する予定です。

ご希望の方には詳細が決まり次第、
《一般募集に先がけて》
ご案内を差し上げます。

♣<先行予約>のご登録はこちらからどうぞ♣

 

 

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。