ワイピオの森へ…

久しぶりにワイピオ渓谷へ行きました。

展望台からの眺め

ここはハワイアンにとって特別な 神聖な土地。

(詳しくは「ワイピオ渓谷」 でググってくださいませ。
たくさん出てきます。ここでは割愛いたします。)

 

渓谷の底にはワイピオ川が流れ、
その向こうには ゆたかな森を行くトレイルが。

 

しかし、そのピースフルな森へ行くのは
《ちょっと》大変…

 

まず、谷底まで高低差300mを降りるのですが
ここへは4WDか歩きでないと立ち入れません。

 

その理由は…これをご覧ください(^^)
(1分34秒の動画です。)

 

さて、こうして谷底まで下りたら
ワイピオ川の河口あたりでクルマを降りて。

 

今度は川を《歩いて》渡ります。
橋はないので、ね(笑)。

 

その前にしばし、川の流れと、
そこを歩いて渡る人たちを観察。

 

浅くて、流れが穏やかそうな場所を
見極めてから、いよいよ横断開始です。

これまで毎回、無事渡れたのですが
今回は不覚にも、川底の丸い石で足を滑らせ…

尻もちついてしまいました~(泣)。

 

万が一…と、サーフパンツはいてきて
正解でしたわ(ほっ)。

 

ジップロックに入れてたおかげで
一眼レフも無事だったし、
この程度のことは平気です(←強がり)。

 

川を渡りきったところで濡れた服など拭き、
気を取り直して、森へ。。

 

 

森に入ると、ついさっき 
4WDで激しく駆け抜けてきたことや、
川での緊張感がウソのような、
ピースフルな別世界。。。

 

巨木を見上げて思わず畏敬の念を抱いたり、
美しいハワイアンバンブーに見入ったり。

 

 

花びらのじゅうたんを歩き、

 

横たわる木の下をくぐって。

  

 

私の背より高くしげるタロイモも
そこここに…。

 

 

森の中の圧倒的な生命力に
気がつくと私の心は小さく弾んでました。

 

じわじわ満たされ、
そして癒されるのでした。

 

初めてではないその感覚は、
何かとても大切なものを 思い出せた…
そんな気がするのです。

 

私、最近思うのですが、
人生、考えすぎないほうが上手くいく、と。

これまでを振り返っても。

 

あ、後先考えなくていい、
と言っているのではありません。

 

ただ、迷いや恐れではなくて、
森で感じたような 静かなワクワクや喜び。

 

それはガイド(導き)であること、
そして自分を信頼して進めば
道は開けるようになっている。

必ずしも楽チンな道とは限らないけれど、ね。

 

 

 

ワイピオの森で
私のなかで一本、ピュンと 筋が通るような
インスピレーションを 受け取りました。

 

深い自然に入れば入るほど
自分の内側深いところと繋がれる。

 

だからワイルドハイクはやめられないな(^^)
もっとこんな時間をとらなくちゃ。

来月のセドナツアーも待ちきれなーい!

 

そんな思いを抱きながら
また、川を渡り
ラフロードと急勾配を上って
日常へと戻ってまいりました。

 


 

【ワイピオ渓谷へ行くには】

ワイピオ渓谷はハワイ島の最北から
少し東よりに位置します。

バケーション/リトリートハウスIPU HALEのある
コナからは、展望台までだと
片道2時間半くらいでしょうか。

 

展望台まではレンタカーで行けますが、
渓谷を降りるには、本文にも書きましたように
4WDまたは徒歩となります。

個人で行くには少しハードルが高いカモ、、です。
なのでツアーに参加されることをオススメします。

 

ただし、行き先にこの森が含まれているかどうかは
各自で旅行会社にお問い合わせください。

 


 

『セドナ&アリゾナハイライト・アドベンチャーツアー』

2017年5月15日(月)〜20日(土)<現地5泊>

【残席1
お申し込みはお早めにどうぞ。

 


 

『人生のとびらを開くリトリート in ハワイ島』

次回は6月以降に開催予定です。

ご興味ある方は、《先行案内》にご登録ください。
詳細が決まりましたら一般に先駆けてお知らせが届き、
先行申し込みができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。