ハワイ島に呼ばれたら、まずやるべきこと

「ハワイ島に呼ばれてる気がするんです。
なので、今度初めて行くことにしました!

とっても素敵なお家に惹かれたので、
ぜひ泊まりたいです。
○月○日から、空いてますか?」

ときどき、こんなキラキラ・ワクワクの
高揚感あふれるコンタクトをいただきます。

バケーション/リトリートハウス
IPU HALE(イプハレ)へのお問い合わせです。

 

 

私も直感的な感覚、大切にしたいタイプだし
お気持ち、よくわかります。

 

イプハレに泊まりたい、と
思ってくださることも、とってもありがたいです。

 

 

ただ…

こういった方のほとんどが
ハワイ島の十分な予備知識がないまま
いきなり飛び込んで来られる
気がするんですね。。

 

おそらく、ハワイといえば一律に
ワイキキ(オアフ島)のイメージなのでしょうけれど。

 

しかし、実際には
ずいぶん勝手が違うところもあるんです。

 

一番の違いは、島内の移動手段。

 

オアフ島ならバスもたくさん走っているし
レンタカーなしでもさほど問題ないでしょう。

 

だけどハワイ島は
公共交通機関がないに等しく
基本的にレンタカーが必要です。

 

しかも、
ハワイ島は四国の約半分もある大きな島。

ハワイ諸島の他のすべての島を合わせても、ハワイ島の方が大きい!(地図:ハワイ レンタカー&ドライブガイドより)

 

見どころから別の見どころへの移動や
スーパーへの買い物なども
レンタカーがなければ不便です。

 

なので私は、ハワイ島デビューの方には
必ず、そうお伝えしています。

 

ただ、どうしても左ハンドル右側通行の運転に
自信がないなら、
無理にレンタカーしないほうが安心です。

 

移動や観光はタクシーとオプショナルツアーで
つなぎましょう。

 

その場合どこに泊まるかの選択肢は
かなり限定されてしまいますが。。

 

(レンタカーなしでハワイ島を楽しむ方法は
次回書きますね。)

 

 

スピリチュアルなパワーみなぎるハワイ島ですが
衝動だけでは必ずしもいい旅になりません。

 

呼ばれた!と思ったら、
舞い上がる思いは大切にしながら
同じだけ理性も働かせて 、まず

《旅の充実と安全のために》
現地の基本情報を収集してください。

ガイドブックやインターネットで いくらでも出てきますから。

 

地に足のついたスピリチャルでいきましょう(^^) 

 

 


バケーション/リトリートハウス IPU HALE

「バケーションレンタル」と呼ばれる、1軒屋を貸し切るスタイルの貸別荘。
自分の家のように、ハワイ島で暮らすような滞在をお楽しみいただけます。

ただし食事や送迎のサービスはありません。

 


『人生のとびらを開くリトリート in ハワイ島』

いつも人気のハワイ島リトリート。
次回は10月中旬以降に開催予定です。

次回は2018年7月開催

詳細はこちらからお受け取りください。

ご興味ある方は、《先行案内》にご登録ください。
詳細が決まりましたら一般に先駆けてお知らせが届き、
先行申し込みができます。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。