【ご感想】快適すぎて出かけられません(笑)

リトリートハウスIPU HALE(イプハレ)

 

先週、先々週と、
2つのグループにご利用いただいた
リトリートハウスIPU HALE(イプハレ)です。

 

イプハレは、
「バケーションレンタル」と呼ばれる、
いわゆる貸別荘です。

 

私と夫のデイヴィッドが住む一戸建ての
2階部分がイプハレ。

 

1階と2階とは
玄関もキッチン、バス・トイレも…

すべて別々なので、
お客さまのプライバシーは
しっかり保たれるようになっています。

 

強いていえば、ゲストのレンタカーが
駐車スペースになければ
お出かけされたんだな、と私たちにわかる程度です。

 

で。

このたびのゲスト(お客さま)2グループとも
ずっと車が停まったままで
イプハレからほとんど外出されないご様子。

 

たまにお出かけされても、
すぐに帰ってこられるようで

「ハワイ島、楽しくないのかしら…」
と、少々気になっておりました。。。

 

 

そうしたら、チェックアウトのときに

 

「お家(イプハレ)の居心地が良すぎて
出かけても『早く帰ろう』ってなるんですぅ」

「家にいるとホントに快適で、
外出する気にならないんですよ(笑)」

 

と、嬉しいお言葉をいただいて♡

 

「夜はラナイ(テラス)から天の川を眺め、
ジャグジーも楽しみました」

とも。

イプハレから見える天の川
イプハレのジャグジー

 

ハワイ島といえば、火山!だったり
青い海!だったりするなか、
イプハレにこんなに大きな価値を見出してくださった。

 

そう思うと、じわじわ喜び込み上げてきます。

 

アクティビティばかりが ハワイ島ではありませんね。

 

イプハレから眺めるサンセット

 

イプハレの名称は、頭に「リトリートハウス」とつきます。

 

リトリート(retreat)を辞書で引くと
「静養先、隠れ家、避難所…」と出てきますが

もともとは「re + treat」、

 

treatは、たとえば
シャンプー後のトリートメントのように
ケアをして回復させる、

 

前にre(ふたたび)がついて
「本来の状態に回復させる、戻す」ということ。

 

そこにいるだけでリフレッシュできて
本来の自分を取り戻せる場所となることを願い、
また、そう信じて「リトリートハウス」とつけたのです(^^)

 

 

本当にね、手前味噌ではありますが
イプハレは天井も高く、開放的な作りで
ここから大きな海を眺めているだけで 身も心もゆるみます。

 

 

ゲストがイプハレという「空間」で
満たされ、癒されてお帰りになる。

 

それをストレートな言葉で伝えてくださったこと。

 

生き生きとした表情で帰って行かれる様子を
目の当たりにできたこと。

 

もぅ素直に、ものすごく嬉しかったです!

感激しました。

ゲストのみなさんと。(許可をいただき掲載しています。)

どうもありがとうございました♡

 

 

リトリートハウスIPU HALE空き状況

2017年

  • 9月27日〜10月5日
  • 10月24日〜11月1日
  • 11月10日〜11月15日
  • 12月10日〜12月15日
  • 12月19日〜12月22日 12月19日〜12月24日

2018年

  • 1月11日〜1月14日
  • 1月21日〜2月14日
  • 3月9日〜 3月9日〜3月20日
  • 3月31日〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。