それ、本当に必要?

庭のチャイブ(ニラ)の花が咲きました。
2年ほど前に友人宅から
株でもらってきたものです。

 

ナスタチュームみたいな派手さはないけど
これも立派なエディブルフラワー。

 

花も、葉と同様の香りがして
目にも舌にもアクセントになります♪

 

この前買ってきたスペアミントも少し切って
サラダに入れるまでの間、
一緒に花瓶に挿して食卓に。

 

あらかじめ洗っておいて、
いざ食べるときに、花瓶から直接つんで
お皿に乗せるのも楽しいです(^^)

直前までお水につかって新鮮なのも嬉しいし

 

こんな、ささやかだけど
ホッと心がうるおうようなこと、
大切にしたいなと思っています。

 

もちろん、そうするには
多少の「ゆとり」が要ります。

 

どうもハワイ島というだけで、
時間を持て余した優雅な暮らししてるんでしょ、
と勘違い(笑)されがちなのですが、
ここは私たちにとって、生活の場。

 

バケーションとしてのハワイ島とは違い
家事に、仕事に、雑用に…
って、1日あっという間です。

 

それでも、やっぱり
自分にとって「大切なこと」は大切にしたい。

あきらめたくない。

 

だってね、「今ここ」の暮らしが
カラカラに乾いていては
うるおった未来はあり得ないと思いません?

 

そんなわけで私は
つい流されがちな日常だけど
「ゆとり」を作り出すことを意識しています。

 

それは、ステキな何かをプラスするというより、
シンプルに「そぎ落とす」こと。

 

要らないものをそぎ落としたら
必然的に、大切なものだけが残ってくれます。

 

そもそも、限られた24時間に、
これ以上詰め込むことは、もう無理なわけで。

 

…ただ、無意識で
「ねばならない」と思い込んでいるとしたら、
それを手放していいと気づくのは、
ちょっと難しいかもしれません。。

 

         

 

先週お届けしていた

『無料メールセミナー
~シアワセの基礎体力をあげる~
「次へ」のシフトのための新しい習慣作り』

では、好ましい習慣を作る方法をご紹介しました。

 

実はこれ、「本当は要らないコト」発見の
ツールでもあるんです。

 

というのも、私この方法を自分で試して
なかなか習慣化できないことがありました。

(それが何だったかは、もうすっかり忘れましたが;;)

 

当時かなり凹みましたが、ふと

「これって、本当に必要?」

て思い直したら、答えはNOだったんですよ。

 

アタマでは「すべき」「ねばならない」
と思っていたことが、
全然できてなくても何の問題もない、
て気づいたんです。

 

なぁんだ、じゃぁこれ要らないよね、て
ひとつ、自分を縛っていたコトを手放したら
とてもラクになりました。

(そんな副産物も期待できるので、
このやり方、ぜひお伝えしようと思ったのです。)

 

 

「ゆとり」って、こうして
何かを手放して作っていくもの。

 

無料メールセミナーお受け取りの方は、
余計なものをそぎ落とすためにも
ぜひ、《続けて》実践していただきたいです。

 

今回、受け取れなかったわ、という方にも
いつか別の機会にお伝えできたらと思いますし、

まずは、「それ、本当に必要?」
って自分に問いなおすこと、強くオススメいたします。

 

         

 

チャイブの花を使ったサラダは
こんな風になりました。

デイヴィッド作です(^^)

 

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。