チャンスを逃さず早く、正しい選択をする方法

先週、今週と、ハワイ島コナは
季節はずれの大雨に霧。

 

いつも我が家から見渡せる海が
白い世界の向こうに消えるという
珍しい現象が起きました。

 

ちょうどその日にコナ空港に
降り立った友人曰く、
機内から外を見ていても
着陸するまで滑走路が見えなかった、と。

 

視界が悪くても
迷走飛行しなくて済むシステム。
科学の進歩に感謝ですね。

 

         

 

しかし、人生に迷いはつきもの。

 

ちょーっと値ははるけど
すごーく気になって、
買うか、買うまいか迷う…
なんてことも、ありますよね。

 

今日は、そんな決めかねるときに
早く、しかも正しい選択の方法を
お伝えします。

 

というのも、

 

「セドナ&アリゾナの
『とっておき』をめぐるリトリート」
先行受付が始まりまして。

セドナ&アリゾナの「とっておき」をめぐるリトリート

 

ハワイ島リトリートなどもそうですが、
募集開始すると、よく
お問い合わせ?メッセージ?をいただくのです。

 

内容は、ざっくりとこんな感じ。

 

「すごく参加したいんです!
でも、~の事情があって決めかねてます。
あと何席空いてますか?
次回の予定はありますか?」

 

どなたも真剣に迷っているのは
よくわかります。

 

だけど、、、

 

誤解を恐れずに言うと、
「~」の部分は、
すべて、ご自分の胸ひとつで
なんとでもなるコトばかり、、なのです。。(^^)

 

つまり、参加しない言い訳。

 

本当にどうにもならない事情の方は
定員に空きがあってもなくても、
「次回」があってもなくても、
<不参加>と答えが出てるんです、その人のなかで。

 

だから、そういう方から
「あと何席?」とか
「次回は?」という質問は来ないのです。

 

かくいう私も、以前は
優柔不断によく迷いましたよ…(>_<)

 

なので、決めかねる心理もよくわかります。

 

そんな私が、ある出来事から
早く、しかも正しい選択が
できるようになったんです。

 

それはね…

 

前から気になるセミナーがあったんです。
なんだか良さげだなぁと。

 

しかし結構なお値段で。

 

これだけの金額を支払う価値が
本当にあるんだろうか?

 

このセミナーは本当に私に必要?

 

今回じゃなくても
定期的に募集はあるようだし、
次回にしようか…?

 

と、はっきりしない時間を過ごしました。

 

でも、ふと気づいたんです!

 

私、NO(=受講しない)のための
言い訳ばかり探してる!って。

 

人は誰でも、性質として

1)「この選択、失敗だった」と間違いを認めること、
2)未知の領域に足を踏み入れること

を恐れて自分の行動に制限をかけます。

 

このセミナーの例でいうと、私は

1)金額の割に期待はずれの内容だったら
YES!と申し込んだ自分の選択が間違っていたことになります。
それを避けたかった。

2)新しい知識を学んでバージョンアップし
次のステージ(未知の領域)に進むのが怖かった。

 

だから、何かと理由をつけて
NOを選択したほうがいいよ、と
自分を説き伏せようとしていたわけです。

 

そもそも、受講するかしないか、
じゃなく
「今」か「次回」かを悩むということは、
YESということ。

 

なら、あえて先延ばしにする理由はない、と、
即、申し込みました。

 

以来、NOの理由を探す自分に気づいたら
それはGOサインと受け止めて
即、YESの行動をとるようにしています。

 

そして、
この直感的とも言える決断は、正しい。

 

先のセミナー、もし先延ばしにしていたら…

 

次の募集の頃、私は愛猫を失った
ペットロスの真っ最中でした。

 

心身ともにボロボロで
とても受講できる状態ではいなか、
「あのとき受講して正解だった」
と思ったのをよく覚えています。

 

また別のある人は、
私のハワイ島リトリートに参加するか、
それとも次回にするか、迷っていました。

 

が、「迷う」と言いつつ
今参加することを前提に
先々のことを考えている自分に気づいて
先延ばしにすることなく、参加されました。

 

帰国直後、急に家庭環境が変わり
家族のお世話をする毎日になったとのこと。

 

あの時リトリートに参加しておいて
やっぱり正解だったし、

あのリトリートは、
人生の新しいフェーズに移行する
儀式のようだった、と後から話してくれました。

 

YES!といきたいのに
その決め手がなくて、、というときは、
<NOの決め手もない>ってこと。

 

(だから、迷う。)

 

そしてNOにする言い訳ばかり探し始めたら、
それはYES!ということ。

 

私たちが迷うネタのほとんどは、
たとえ間違った選択をしても
そのために身ぐるみ剥ぎとられたり、
人生が破滅するほどの重大事ではありません。

 

せっかく目の前にある
学びやチャレンジの機会、
やり過ごしては、もったいない。

 

より成長し、より豊かな人生のための
投資と思えるメンタリティを持てるといいですね。

 

最後にもう一人の例をご紹介します。

 

彼女は、
去年のセドナリトリートの情報を
残席1のときに知りました。

 

ピン!ときて即、申し込み。
最後のひと枠をゲット。

 

リトリートで大いにインスパイアされ、
帰国後、それまでの環境に物足りなさを覚えて
地方から上京。

 

就職活動で、断るつもりの会社から
熱烈なラブコールを受けて
最終的にその会社に就職。

 

今は新しいステージで活躍中という
シンデレラストーリー。

 

あのときリトリートを先送りしていたら
この展開はありえません。

 

さぁ、迷い立ち止まっている場合ではありませぬ。

 

GOサインを見逃さない。
見せかけのNOを見破り
YESを拾う感性を磨きましょう。

 

そして人生のとびら、開きましょう。

 

 

 

現在受付中のメニュー


セドナ&アリゾナの『とっておき』をめぐるリトリート

 

YURiKO JOHNSONの個人セッション(モニター枠)

 

ハワイ島リトリート先行案内(2018年6月以降に開催)

日程・詳細が決まり次第、お知らせが届き、
先行申し込みができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。