月と雲海の夜空から

 

 

セドナリトリートを控えて、
昨晩ハワイ島コナを発ち、
今、乗り継ぎのサンフランシスコ空港です。

 

日本でも報道されているように、
ハワイ島キラウエア火山の活発な活動で
溶岩が民家を飲み込んでいます。

よく、噴火というと
火口から真上に高く溶岩が浮き上がる、、
みたいなイメージだと思います。

 

が、今回の噴火は
地面(山の斜面)に亀裂ができて、
そこから溶岩が注ぎ出し
高い所から低い方へとはうように流れてます。

 

 

多くの方からご心配いただきましたが、
私とデイヴィッドが住むコナは
距離的にも、地形の高低からも
幸い、安全です。

被害にあわれた方、
近隣にお住まいで不安な思いをしている方を思うと
心が痛むけれど、

私には私にできることを、
やるべきことをやることが
私に課せられたことだと思います。

 

セドナとアリゾナの
「とっておき」をめぐるリトリート。

 

ご参加くださる方の
「枠」や「可能性」が広がることを
意図しています。

しっかり楽しんで、
しっかりワクワクして、
しっかりインスパイアされる!

 

そんな体験をしていただけるよう、
しっかりつとめてまいりますっ。

 

サンフランシスコに着いたのは
早朝4時ごろ。

飛行機が下降し始めたのを感じて
窓を開けると、
美しい半月と星々。

 

その下には白い雲海。

 

とてもピースフルで美しく、
なぜか夜のスキーゲレンデを思い出しました。

 

 

写真が撮れるものなら
撮りたかった。

火山の被害も、
この幻想的な夜空も、
同じこの地球の自然現象。。

 

人にとって都合のいいことばかりではないけれど、
この星に住む以上、
コインの裏表のように、表裏一体。

 

ときに否応なく
裏を受け取らないといけないことも
あるのかもしれない。

だとしたら、「今」を大事にしないと!

と思うのでした。

 

 

そろそろ搭乗です。

まずはラスベガスで、
一足先に現地に入っているデイヴィッドと合流します。

また旅の徒然、つづりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。