高台から見る大きな景色がもたらしてくれるもの

ハワイ島バケーションレンタル イプハレ

ハワイ島コナはとっても爽やかな、
気持ちいい朝を迎えました。

 

目の前にすぐ海が広がる景色も素敵ですが
私は、高台から大きな海を見るのが好きです。

というのもね、まず第一に、涼しい🎐

 

これは我がリトリートハウス
IPU HALE(イプハレ)からの今朝の眺めです。

 

ここは海抜約300m。
オーシャンフロント(=海抜0m)より
やはり涼しくて、過ごしやすいんです。

 

先週、京都から幼なじみの親友が
ここへ泊まりにきていたのですが、
「ハワイがこんなに涼しいなんて!」と
驚いておりましたよ。

 

冷房はシーリングファン(天井の扇風機)のみで
十分暮らせます(^^)

イプハレのゆったりしたリビングスペース

 

高台からの眺めが好きな、もう一つの理由。

 

それは、
無意識で近視眼的になっているときに
この大きな景色が、すーっと視野を広げてくれるんです。

 

俯瞰(ふかん)できるのです。

 

たとえば
冬場はこのラナイ(テラス)から
遠くにクジラがジャンプするのが見えたりします。

 

そう、北極海からはるばるクジラが
出産と子育てのためにハワイまでやってくるんですね。

 

ここからだと、大きなクジラも
大海のなかでアリンコのように小さく見える。

 

そんな光景を見ると、
私の悶々とした気持ちも、抱えてる悩みも、
「実は大したことじゃないんじゃないの?」
って思いなおせるんです。

 

それだけで気持ちが軽くなって、
「悩み」が悩みでなくなることもありました。

 

そう思うと、景色の果たす役割って
実はとっても大きいです。

 

私とデイヴィッドがお届けする
『人生のとびらを開くリトリートin ハワイ島』は、
この景色が広がるイプハレにて開催します。

 

コーチング的な関わりはじめ、
自然と触れ合ったり、食やヨガなど
総合的なアプローチで《次のステージ》へ、
あるいは、《自分にフィットした生き方》へ
シフトするためのリトリート

 

そのなかで、実はこのヴュー・この環境も
大事な要素と捉えています。

 

私たちは機械ではありませんから。

 

この景色を眺めながら
生身の人間として、感じ、考え、
インスピレーションを受け取り、
それを寝かし、醸造させて…。

 

その一見、何でもないような時間に
癒しが起こったり、何かに気づいたり。

 

この環境が与えてくれるものには
大きな意味があります。

 

日常という惰性のなかで、

「何か」を変えたいけれど、きっかけがない
立ち止まるに立ち止まれない状況に陥っている

という方、「えい!」とひとっ飛び
ハワイ島まで来てください。

 

このハワイ島リトリートは、
知覚と五感が自然と刺激されて
その人にふさわしい方向へガイドされるよう
デザインされていますから。

 

もちろん、サポートもしっかり致しますよ(^^)

 

リトリート中はもとより
終了後も3週間のフォロー期間を設けます。

 

これで、帰国後の新たなスタートもバッチリ!です。

 

今年最後のハワイ島リトリートは11月上旬です。
ぜひ、ご参加ください。

 

「行きたいけど、迷ってる…」というあなた。

本当に望む人生を生きたい!のかどうか
ご自身に問うてみられたらいいですよ。

 

 

早割は8月末まで!
「人生のとびらを開くリトリート in ハワイ島」


このリトリートは、
リフレッシュ&コンディショニングしながら
フィットする生き方へ、そして
次なるステージへシフトすることにフォーカスします。

以下の方に特におすすめです。

・心身のメンテナンスをしたい方
・大きなチャレンジの前に英気を養い、心身の準備をしたい方
・日常を離れて静かな時間を取り、ご自身と向き合いたい方
・日常や人生に対し「このままでいいのかな」と感じている方
・「何か」を変えたいが、その勇気がないと感じている方
・「このままじゃダメ」と思うが、何から手をつけたらいいかわからない方
・チャレンジしたいことがあるが、仕事や家事に忙殺されてあきらめている方
・新たな一歩を踏み出したが、あまりうまく行ってない、という方

概要はこちら

詳細をご希望の方はこちらにご登録ください
すぐに詳細をお届けします。(一般告知は未定です。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。