ものごとを、誰の都合で決めてるんだろう?

漫画家の西原理恵子さん。


お名前くらいしか知らなかったのですが、
先日YouTubeで、出演されたテレビ番組を見ました。



女子学生への授業という形で
お話ししておられました。
少し前の番組だったのかもしれません。



そのなかの、

「自分の幸せは人任せにしない。
 人生の舵とりを人任せにしない。

 どんなときも自分で舵をとること。

 自分で選んで生きると、
 誰かが憎い、とかいうことがなくなる。」

という言葉。


あーーー、これ!これ!
私の心にあることを言葉にしてくださった!


と、思わず動画を止め、
巻き戻しては一文ずつ書き留めました。



西原さんは、
幼少時から少女期にかけて、
また結婚してからも、
壮絶な家庭環境だったそうですね。


最後のフレーズ、

「誰かが憎い、とかいうことがなくなる。」

は、おそらく
そのような背景から来るのかなと
(勝手に)感じておりました。



私の場合、最後の一文はこうかな…


「自分で選んで生きると…?

 後悔がなくなる!」



これ、私が体得した真実です。


以前の私は、これの全く逆でした。


後悔したくない= 失敗が怖い。


できることなら誰か、
私に完璧な人生のレール敷いてくれないかな〜〜〜

くらい、誰かに人生を保証して欲しかった(恥)



もちろん、そんなこと
ありえないのはわかっていて、


でも

リスクも責任も、とる勇気はないから
自分で何も決めず、
行動も起こさず、
ただ時が過ぎてゆくばかり。。


を、《無意識で》やってたんです;;



で、あるとき、
私のこのパターンを
ズバリと指摘してくれる人があって、

おお、これじゃいかん!

と超・納得。



自分の人生に責任を持つ覚悟を決めました。


どんな決断も、自分で下す。

となると?


誰のせいにもできないから、
何事にも、おのずと
とことん真剣に向き合うようになりました。


ときには何が正解か、
わからないこともある。


それでも、
「その時の自分が最善と思った答え」であれば
たとえ好まない結果に転んだとしても、

納得こそすれ、
後悔しなくなったんです。



「セドナリトリートに参加したいけれど、
 勤め先の繁忙期とかち合いそうで、
 行けるかどうか…」


ざっくりと、ですが
そういう趣旨のメールをいただきました。


この件に限らず、
こういうケース、よくありますよね。


○○したいけど、××があるから…

というようなこと。



みんな、人や社会と関わって生きてるから
なんでも好き勝手にできないことって、
当然、あります。


ただね、

たとえば
親がどうだから、
職場がこうだから、
何々さんが云々かんぬん…


だから〇〇できない、

と言っていたら、

それって…?


自分の選択、
自分の人生を

他者の都合に委ねてることになりませんか(^^)



××だから〇〇できない、


と、自動的に思い込んでるコト、
案外たくさんあるかもしれませんよ(^_<)

【先行案内】

セドナにご興味お持ちの方は、
下記にご登録されて詳細をお待ちください。

準備が整いましたら、
ご登録の方にのみ、詳細をお届けします。

(参加申し込みではありませんので
 お気軽にどうぞ!)

あなたの枠と可能性を広げるセドナリトリート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。