もっともらしい言い訳

 

近くのショッピングセンターへ
フラダンスのクリスマスショーを見に行きました(^^)

 

私がレッスンを受けてるハラウ

(フラのグループ、と言ったらいいでしょうか)

の、子供から大人まで、
入れ替わり立ち替わり総出の、
いわば発表会的な(?)イベントだったんです。

開演前には大きなダブルレインボーが(^^)

 

今年の春からフラを始めたばかりの私も、
「出ていいわよ」
と言ってはもらっていたのですが、

 

ショーの直前まで
日本に帰国していて練習不足だったり、

 

初めてのことで様子もわからないし…

 

 

ということで
今回は客席にて参加させていただきました。

 

コンテストのようなピリピリ感もなく、
皆、心から楽しんで踊っていて、

 

特に幼稚園くらいのケイキ(キッズ)フラは
可愛く、微笑ましくて(^^)

 

それでも、
ショー全体としては
エンターテイメント性もしっかりあって、
1時間、たっぷり楽しめました。

 

いつもは
自分と同じクラスの人にしか会わないので、
ハラウ全体の顔ぶれを見るのも
昨日が初めてでした。

 

こんなにたくさんの人がいたのか!

 

そして、それを束ねるクム(師匠)。

 

クムの踊りからは、いつも
美とエレガンスがあふれているのですが、

人としてのリスペクトの念も
うんと増しました。

 

 

そして、思った…

 

来年は、私もステージに上がりたい☆

↑↑↑

これ、来年の目標の一つに決定しました!

 

 

でね、これを心に決めたとたんに
気づいたんです…

 

  • 練習不足だから
  • 初めてで様子がわからないから

 

は、「つまらない言い訳」だったな、と。

 

本気になっていたら、出ていたはず。

 

もっともらしいコト言って
楽な選択を正当化してたんだな。

 

 

これ、誰にでも
日常的によくあるパターンじゃないですか?

 

今回のフラでいうと、
小さなステージかもしれないけど、
そこに立って初めて味わえる感覚と
見える景色があったはず。

 

それらが、
「次へ」といざなってくれる道しるべ
となったかもしれない。

 

たとえ小さなことでも、
できることを着実にこなし、
経験値を積む人生と、

 

もっともらしい言い訳して
チャンスもやり過ごし、
中身の薄い人生…。

 

どっちが楽か?より、
どっちが豊かな生き方か。

 

こだわるべきは、ここですね!

 

自戒も込めて。

 

 

 

無料メルマガ(ニュースレター)登録はこちら

ご登録の方には、メールレッスンをもれなくプレゼント!

メルマガ登録・プレゼントのお受け取りは下の画像をクリック!

 


 

୨୧—YURiKO JOHNSON [ALOHA STYLE]の主なご提供メニュー—୨୧

 

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。