【お客様の声:ハワイ島バケーションレンタル】日本と違って、すごい広い空間

真夏には真正面に沈む夕日が、
ずいぶん南の方角に落ちるようになりました。

 

常夏ハワイというけれど、
季節は移ろっているのを感じます。

 

意外と思われるかもしれませんが、
ハワイは、
夏は観光客が少ないオフシーズン。

 

というのも、
欧米の人にとってハワイは
「避寒地」として人気があるのです。

 

なので、11月下旬の
サンクスギビングデーから
3月いっぱいくらいまでがハイシーズンです。

 

今年は5月にキラウェア火山が噴火して
溶岩が一部の地域で宅地エリアに
流れ込むという事態になりました。

 

あたかもハワイ島全域が危険、
というイメージが広がり
観光産業はダメージを受け…。

 

そんななか、
本当にありがたいことに

バケーションレンタル
「リトリートハウス IPU HALE」
(以下、イプハレ)は、
この夏、記録的な稼働率で
各国の皆さまにご利用いただきました。

 

感謝、感謝です♡

 

 

こちらは先週ご利用いただいたAさま。
ハワイ島リピーターさんです。

 

これまではホテルに滞在する
一般的なスタイルのご旅行だったそうですが、
今回初めて
戸建てのバケーションレンタル(貸別荘)体験。

 

 

もともと
ご夫婦お二人でのご旅行ということで
ご予約いただいたのですが、
事前にやり取りするなかで

 

「(前略)
 日本(の宿泊施設)と違い、
 (イプハレは)すごい広い空間です

 娘と孫も行けたらいいなと思っています。
 その場合でも宿泊料金は
 同じでよろしいのでしょうか?

というご相談もお受けしました。

 

*イプハレの宿泊料金

4名様まで1泊240ドルの均一料金。
5人目、6人目の方については、
1泊につき20ドルの追加料金をいただきます。(いづれも税抜。)

 

*クリーニングフィー(清掃費)

人数や拍数に関わらず$150

(上記は2018年9月現在。
 料金は予告なく変更となる場合もあります。)

 

それで今回は結局、
職場の同僚の方を誘って、
4名さまでいらっしゃいました(^^)

 

 

実際にイプハレに滞在してみて、

「普通のホテルと違って
 キッチンがあるのもすごくいいですねー!

 もう、キッチンなしのところには
 泊まれません。

とのご感想。

 

イプハレのキッチン&ダイニング。

 

確かに毎食、外食では体がキツいですよね。

 

特にこちらは
すべてにおいてボユーム満点だし(^_^;A

 

毎回しっかりクッキングしなくても、
フレッシュなフルーツを剥いたり
ちょっとしたサラダを作るなど、

シンプルだけど体が喜ぶものを
自分でささっと準備できる環境は、

私自身が旅をするときにも
すごく助かる〜!って思います。

 

それに、
小さなお子さん連れの方は
気兼ねなく家で食事できる
とても喜ばれています。

 

ラナイ
イプハレのラナイ(ベランダ)からの眺め

 

 

「今度は本当に、孫たちと来たいです。」

と言ってお帰りになりました。

 

はい、ぜひに♡
お待ちしております(^^)

 

リトリートハウスIPU HALEについては
こちらをご覧ください。

私たちがお迎えします!

 

ブログより濃い話、
「なりたい私」を叶えるヒントから
次回リトリート開催情報まで、
ニュースレターでお届けしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。