シアワセの秘密

今月から毎月1日にフォトエッセイを書くことにしました。とはいえ今回は、当初のイメージとは違うものになった気がしますが(^^ゞ少し感覚的な文章になるカモしれませんが、ゆったり、想いをそのまま綴る場にしたいと思っています。初回は、最近気づいたことを書いてみました。

残りの人生、このままだったら…ゾッとする

ちょっとお久しぶりのブログは、「こんな自分は嫌だ!」と思った話。一生このままだったら…と想像したら、ゾッとしました。自分の根本を見直さなくてはと、と痛切に。見直したからと言って、簡単にすべてが正せるわけではないですが、これだけガツンときたことをありがたい機会ととらえて、しっかり足場を固めますね。

月夜とパームツリー

となりの猫と、人生の質を決めるもの

お隣にぽつんと残された猫。その切ない表情を見ながら、「切ない」と感じ取れたことに小さく驚き…。その子をなでなでしながら、一気にいろんな思いを巡らせました。今この子に寄り添う私があるのは、あの決断の結果でもあるな、と。

「そういう時期」があったからこそ

当たり前なんでしょうけど、年を重ねるからこそわかってくることがありますね。刺激を求めていた時期があったからこそ、今の自然に囲まれた静かな暮らしの良さがわかる。今の経験は、遠い先にその意味を知るためにするものなのかも‥。

あれから、15年

いろんなことがシンクロして起こってます。   まず昨日、ふと思い出したんですよね。 あれから15年経ったんだ、って…。     15年前のちょうど今頃 私は訳あって、初めてハワイ島を訪れたの...

一周まわって…

「伝統的」なのか「閉鎖的」なのか… 私のデフォルトは京都でした。   それが、 まさかの国際結婚→ハワイ島暮らしへ。。   *   挙式はハワイ島で、もちろんドレス。   ただ、呉...

「Alohaの体現者」だって(^^)

人って、無意識の部分が多いから 案外、自分のことわからないのですよね。 それでも、 人が「会いたい」と言ってくれるとしたら そう思ってもらえる何かを発してるということ。 パートナーや身内との関係もそう。 「こーゆーもんだ」と思ってるから 客観的にどうなのか、 イマイチわからなかったりするけど...

考えすぎて本当の望みかどうか、わからない?

キラウェア火山の溶岩で、今まで美しかった森林や湖が真っ黒な溶岩大地へと一変した。。ショックではあるけど、これはこの島でずっと繰り返し起こってきたこと。そして、新しい始まりでもあるから。それより、今ある景色、今いる環境、今周りにいる人たち…は、永遠じゃないってことを強く思います。だから、…

国際結婚あるある!

思いがけず、国際結婚あるある!で盛り上がった、、というより、切実な課題として真剣に話をしました。「言葉の壁」「文化の違い」は、言葉で言うほど簡単ではありません。同じく「アウェイ」で頑張っている人に届いたら嬉しいです。