怖ければ怖いほど、想いは本物

新春お年玉企画の特別セッション枠
あっという間にうまりました。

 

すでにセッションをしたAさんからは
「私、変わりたい!」という気持ち、
ひしひしと伝わってきました。

 

この方は、これまで何度も
「あること」に対して
現実的に一歩を踏み出す段になると
怖くて足がすくんでしまい、

 

「こうなるのは、本心から
それを望んでいないのでは?」

 

というささやきが聞こえて
踏みとどまる。

 

でもしばらくすると、また
同じ気持ちがムクムクと沸き起こってきて…

 

というパターンの繰り返しだったとか。

(あぁ、これまさに過去の私。)

 

でも、もう自分にウソはつけない!!と
今回セッションを申し込まれました。

 

その怖さをAさんが話せば話すほど、
私それを叶えたいんですー!!!
という強い想いが伝わってきます。

 

つまり、
怖ければ怖いほど、想いは切実ということです。

 

 

自分が変わる、とは
今までとは違う行動をして
違う世界を生きるということ。

 

今まで経験したことのない領域に
飛び込むのは、誰だって怖い。

 

だから、「しない理由」を探して
自分にストップをかけちゃうんですね

 

かけちゃう、ていうと
悪いイメージかもしれませんが
クルマのセーフティー機能みたいに
あなたを「怖いこと」から
守ってくれるので、ありがたいこととも言えます。

 

ただ、今までの世界を
もう「違う」と感じているなら
次のステージへ行くしかありません。

 

このとき

それは本当に恐れるに値するのか?
何がそんなに怖いのか?
を、一歩ひいて冷静にみてみるといいですね。

 

実は大したことではない、とわかったり、
具体的に何が怖いのか、
その正体を突き止めたら対処法が見えたりします。

 

 

私たちは子供の頃から
少しずつ世界を広げてきました。

 

どこへ行くにも大人に手を引いてもらっていたのが
近所へは一人で出かけるようになり、
そのうち一人で電車に乗り、
一人暮らしをしたり、
海外まで一人で行ったり、と。

 

(きっと親はハラハラしながら
見守ってくれていたのでしょうね。)

 

これが、「成長」ですよね。

我が家の庭で生まれたターキーのひな。左の黒い羽は母鳥。

 

未知の世界へ足を踏み入れたら、
もうそこは「未知」ではなく、
実体験の自分の世界となる。

 

新しいステージに立って
新しい景色を見、
新しい風を感じることで 
自分のなかの新しい部分が開発され、
吸収し、自分のものとなる。

 

新しい世界は、人生を加速させてくれます!

 

私も加速しましたもん(^^)

 

私の場合、加速した結果が
デイヴィッドとの出会いと
ハワイ島でのスローライフ、
プラス、
時々アメリカ大陸ロードトリップの
ライフスタイルでした(^^)

 

もちろん、これがゴールではありません。

開くべき人生のとびらは
エンドレスだから。

 

 

私も次なるとびらを開けるべく
前進します。

 

怖くても、心の声に実直に従ったら
その人が本来住むべき場所、世界に
たどり着くはずです。

 

長年くすぶっている想いがあるなら、
もう、「決める」だけですね、
セーフティロック解除する!と。

 

よかったら、背中押しますよ(^^)

 

 

 

現在受付中の先行案内


日程・詳細が決まり次第、お知らせが届き、
先行申し込みができます。

・ハワイ島リトリート(2018年4月以降)

・セドナリトリート(2018年5月)

 

リトリートハウスIPU HALE空き状況


2018年1月29日〜31日
3月9日〜21日
3月31日〜4月15日
4月20日〜

詳細・お問い合わせはこちら

 

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。