願いを100個書き出すワーク

今、ある講座を受講中なのですが、
その課題で、
理想の暮らしや生き方をクリアにする目的で

「叶えたい願いを100個書き出す」

というワークをやりました。

 

どんなことでも叶えられるとしたら?
という前提で書き出していくんです。

 

いつもは

「もっと〜だったらなぁ」とか、
「あんなことも、こんなこともしたい」

と思ってるのに、

 

いざ書き出すと、案外、
25〜30項目くらいで筆が止まりがちなんですよね。

 

私もひとしきり書いた〜

と思って数えたら、まだ30程度でした。

 

 

そこで…

 

私、実は以前、
同様のワークをやったことがあるので、

 

「あのとき何書いてたっけ?」と
古いノートを引っ張り出してきました(^^)

 

見ると、「2007年11月8日 新月」とあって、
76項目までで力尽きてました(笑)。

当時、ハワイ島に移住して
ちょうど1年経った頃。

 

へー、こんなこと書いてたんだ…

と、自分で懐かしいやら、恥ずかしいやら(^^ゞ

 

 

今回は、あの時より
せめて1つでもたくさん書き出すんだ♪

 

と、諦めずに頑張ったら、
結果的に、103個まで出てきました。

その気になったらもっと出せそうです(^^)

 

 

でね、ワークを終えて
みんなで感想をシェアするんですが、
やはり30前後でギブアップした人が結構多くてね。

 

さらに、その中で、

「これだけしか思いつかない自分は
 結構満たされてるんだなぁと思った」人と、

 

「これだけしか思いつかない自分に愕然とした。
 欲がないとかより、考えつかない自分にビックリ。」

という人に別れたのが、面白いなと思いました。

 

どちらが正しいというものではないけれど、
そもそものワークの趣旨を考えると、

 

仮に今、ある程度満たされているとしても
もっとどんな可能性があるかな?って
妄想することは大事だと、
私は思います。

 

なぜなら、
人は、想像できないことは実現できないから。

 

30個書き出して、
これ以上出てこないからいいや、

と考えるのをやめたら、
もう、そこでストップです。

 

その先、人生大きく展開することはないでしょう。

(もちろん、本人がそれで満足ならいいのですが。)

 

一方で、
30個でもう無理、、と思ってから
それでも諦めずにひねり出したら
100個だって書けるのです。

 

100個の「いいな」が叶ったら、
暮らしも、人生も
うんと豊かでしょう(^^)

 

 

私と同じように100個以上書いた人が
こう言ってました、

「何を望んでも、どんなこと望んでも、いいよ。
 と自分に許すことで、
 ものすごく気持ちが豊かになった。」と。

 

これ、すごく大切なんです!

 

願望を実現するには、
(今はまだ叶ってなくても)
それが叶った時の感情を先取りして味わうことが
願望実現を加速させます。

 

 そのワケは、こちらのイベントの際にも
 じっくりお伝えしました(^^)
 ↓↓↓

「明日が〈勝手に〉変わる!1Dayリトリート」開催しました!

 

 

どうです?
あなたも100個、書き出して、
豊かさの先取り体験しませんか?

 

次回は、実際にこのワークをするときの
ポイントとコツをお伝えしますね!

 

 

୨୧—無料メルマガ(ニュースレター)登録はこちら—୨୧

ご登録の方には、

  • 「わくわくし過ぎてメールが待ち遠しいです。」
  • 「次のメールが早く早くみたいです」
  • 「ユリコさんがハワイ島で暮らすようになったきっかけのメール楽しみにしています。」

等々、大好評のメールレッスンをもれなくプレゼント!

メルマガ登録・プレゼントのお受け取りは下の画像をクリック!

 

୨୧—YURiKO JOHNSON [ALOHA STYLE]の主なご提供メニュー—୨୧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。