効果バツグンのワーク♡願いを100個書き出す3つのコツ(その1)

前の記事で、
「叶えたい願いを100個書き出す」ワークをやってみた、

と書きました。

↓↓↓

願いを100個書き出すワーク

 

この記事をフェイスブックでシェアしたら、
去年こちらに遊びに来てくれた友人が
「ハワイ島に行く、って書いてた〜」とか、

 

別の友人は
「これってホントなんでも叶うよね。
 久しぶりにまた書いてみようー」

 

など、コメントくれました(^^)

 

 

私も、13年前に同じワークをやったノートを見ると、
「セドナに行く」と書いてました。

 

結果…

 

今や、セドナへは何度行ったかわかりません(笑)。

 

プライベートな旅行がこうじて、
リトリートも3回開いたし(^^)

 

 

 

 

そんな未来がくるなんて、
13年前は想像もしてなかったなぁ(^^)

 

 

 

ただね、このワーク、
私も最初はそうでしたが、
いきなり100個スラスラと…
とは、なかなか書けないんですよね。

 

多くの人が、30個前後で
壁にぶち当たります。

 

でも、そこで諦めないで(^_<)-☆

 

ちょっとしたコツを掴むと、
再び、タ、タ、タ…と出てきますよ。

 

 

今日から3回に分けて、
そのコツをご紹介して行きますので、
ぜひやってみてください!

 

 

3つのコツとは…?

 

1)ジャンル別に書き出す

2)細分化する

3)感情も一緒に書く

 

です。

 

今日は、1)ジャンル別に書き出す
についてお伝えしますね。

 

 

まず、このワークでは、
得たいモノや状況だけでなく、
どんな自分になりたいか、という
「在り方」もお忘れなく。

 

ジャンルとしては、大きく

a. 欲しいもの、達成したい目標

b. 自分の在り方

に分かれます。

 

さらに、aの中でも、

a-1. 理想のライフスタイル
a-2. 理想の家(住む場所)
a-3. 手に入れたいモノ(車、バッグ、お金…)
a-4. やりたいこと
a-5. 行きたい場所

…というふうに分けることができますよね。

 

 

漠然と「叶えたいこと」を思い浮かべるより
範囲を狭めて、

ライフスタイルなら
「ライフスタイル」というキーワードから
連想していくとやりやすいです。

 

それぞれのジャンルで、
いくつか出てくるはずです。

 

一つのジャンルから全部で尽くしたな、
と思ったら次のジャンルへ。

 

もちろん、
後から思いついた(思い出した)項目があれば
その時点で書き加えればOKです(^^)

 

 

bの望む在り方については、
たとえば、

「人にNOと嫌味なく言える」

(↑私がリアルに書いたこと)

とかね(^^ゞ

 

自分がこうであれば
もっとステキだろうな、
もっとラクだろうな、

ということを挙げましょう。

 

ただし、粗探しにならないよう
気をつけてくださいね。

 

次回は、2)細分化する、をお届けします(^^)

 

 

 

୨୧—無料メルマガ(ニュースレター)登録はこちら—୨୧

ご登録の方には、

  • 「わくわくし過ぎてメールが待ち遠しいです。」
  • 「次のメールが早く早くみたいです」
  • 「ユリコさんがハワイ島で暮らすようになったきっかけのメール楽しみにしています。」

等々、大好評のメールレッスンをもれなくプレゼント!

メルマガ登録・プレゼントのお受け取りは下の画像をクリック!

 

୨୧—YURiKO JOHNSON [ALOHA STYLE]の主なご提供メニュー—୨୧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。