「取らない人」がうまくいくワケ

この前は、
私の今年の漢字はお礼の「礼」なんです
ということを書きました。

「礼」を選んだのには、
実はもう一つ理由があって、
それは、礼節の「礼」。



今日は、そのことについて。



礼儀・礼節が大事なのは常識、、
とは言うものの、


私が間近で見ている
「うまくいってる人」は
例外なく、ココが半端ないんです。

たとえば、
私が親しくお付き合いさせていただいてる
ある女性は、
ビジネスパーソン、

それも、億単位の決済をされる方。

年収が億なのではなく、
一つ一つの決済が億という
実業家なのですが、

偉ぶった風は全然なくて、
私みたいな庶民も
とても大事に接してくださる。

親切とか
誠実とか、
面倒見がいいとか、

そういうことは当たり前で、

私が一番、見習うべし!と思うのは、

「人から取らない」在り方

なんです。


どういうことか?

まず、「取る人」というのは
自分の欲求を満たすために、
平気で誰かの時間やエネルギーを
奪っちゃうんですね。


いや、奪ってることに気づいてないのです。
(自戒を込めて。)



もちろん
「取らない人」だって、
頼みごとをしたり、
助けを求めることはあります。


それでも、

友達だから、
知り合いだから、と
ズケズケと誰かの懐に割り込むことはしません。

相手が自分のために
時間とエネルギーを
費してくれているとわかっているから。

そういう意味で、
謙虚=相手を尊重している。


そんな人柄だということを
周囲もわかっているから、
頼まれる側も安心して
手を差し伸べることができるんですね。


その結果…


みんなが喜んで応援しちゃう!!


だから、ビジネスも人間関係も
うまくいくんですね。


とてもとても、勉強させてもらいました。



つい、はりきって(?)
「人に与えよう」なんて考えるけど、

私、来年は「人から取らない」ことを
もっと意識するとぞと決めました。


あなたは来年、
どんなことを意識していきますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。