辛い体験が与えてくれるもの

 

我が家には、
Love(ラブ)とPeace(ピース)
という双子猫がいます。

 

室内猫です。

 

その二人(2匹ですね;;)が、
昨夜、私たちの不注意で
外に出てしまった…

 

しばらくして、
ラブは帰ってきたけれど、
ピース(Pちゃん)は
未だ帰ってこず。。

 

これまでもPちゃんは
何度か家出(?)をしており、
去年だったか、
10日ほど帰ってこないことがあって…。

私も夫のデイヴィッドも、
毎日毎日、名前を呼びながら
近所を探し回りました。

 

雨が降ったら、
どこでしのいでいるだろう?

日照りが続くと、
水は飲めていつだろうか?

と、胸がつぶれるような思いで。

 

   *   *   *

 

先日、知人の猫が家出して
2週間経っても帰ってこないと聞きました。

 

心中を察するには余りあって、
思わずメッセージを送りました。

 

「うちの先代猫パンダは、
 1ヶ月の家出ののち無事
 捕獲することができました。

 ◯◯さんの猫ちゃんも、
 無事帰ってくること、心から願ってます!!!」

と。

 

希望が持てた、ととても喜んでもらえました。

 

そして結果的に、
1ヶ月後に無事、お家に戻ったそうです(感涙)。

 

嬉しいことも、辛いことも、
人は体験してはじめて
その気持ちがわかる。

 

辛いことは体験したくないけれど、
でも、その悲しみや
悔しさの分、
誰かの痛みがわかる人になる。

 

それはもしかすると、
成功者以上に、
人を勇気づけられることかもしれない。

 

 

それはそうとして、
Pちゃん、早く無事帰ってきて!

 

 

 


SNSよりも、ブログよりも、いちばん濃い内容をお届けしています。

  • 「毎回、そのときの自分に必要なメッセージが書いてあるので
     忙しくてすぐに読めなくても、あとで必ず読んでます」
  • 「いつも心に刺さるメッセージを、ありがとうございます」
  • RiKOさんの文章からは多くの愛が感じられ、本当に癒されます。

とのお声を多数。

ご登録は、こちら

 


17,000再生突破♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。