大人になれば、ただの人だった 〜My Story 1〜

 

今でこそ、美しいハワイ島で
アメリカ人夫と、
ラブ&ピースと言う2匹のネコとともに
愛と冒険(!)に満ちた暮らしを
している私ですが、


その直前まで、私の人生、
停滞しまくりでした。


なぜかというと、
当時の私は、

(今思うと)

常に「待ち」の姿勢でした。


それは、こんなふうに育ったから…。


年子の兄2人に、年の離れた私。
ありがたいことに、円満な家庭で
存分に愛情を注がれて育ちました。


幼少時から絵を描いては表彰され、
作文を書いても表彰される。


いいと言われる学校に入り、
授業中しゃべってばかりでも
100点とれる出来のいい子でした…


幸か不幸か。



幼い頃からホームランを連発。


人並み以上のことができてしまい、
地道に積み重ねることが
身につきませんでした。

中学、高校、と進むにつれ
成績は、順調に下がっていき、


それでもなお、
「必死」はダサい、と涼しい顔。
その裏で焦りを感じながらも。


結果、世間的には
恥ずかしくない大学に入って
救われたけれど


「ただの人」に落ちぶれた感と、
本気を出しきれない不甲斐なさ…。


もともと「おっとり型」で欲がなく、
いや、欲を出さなくても
与えられたので、


自ら手を伸ばして
何かを取りに行くことも、

そのためにわき目もふらず
一心不乱に没頭することもできない
「待ちの人」でした。



しかしそんな大学も、
入ってしまえば
「花の女子大生」と呼ばれた時代。


屈託なく青春を謳歌する4年間、
の、はずだったのですが…。


入学後程なく、
初めての試練に見舞われました。



次回に続きます。



 

 


「みんながそうだから」ではなく自分の価値観や欲求を尊重して
フィットした生き方、暮らし方をめざす
40代~50代女性のためのコミュニティ。

ご視聴は、こちらのグループで!
↓↓↓(120名以上が参加!)

🎁Facebookグループでは「自分軸を掘り起こすワークシート」をプレゼント中

 

 


SNSよりも、ブログよりも、いちばん濃い内容をお届けしています。

  • 「毎回、そのときの自分に必要なメッセージが書いてあるので
     忙しくてすぐに読めなくても、あとで必ず読んでます」
  • 「いつも心に刺さるメッセージを、ありがとうございます」
  • RiKOさんの文章からは多くの愛が感じられ、本当に癒されます。

とのお声を多数。

୨୧—新規ご登録の方には、無料ご相談セッションプレゼント—୨୧
 (毎月2名さま限定)

ご登録は、こちら

 


2021年12月より毎日配信中★28,000再生突破♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。